Corporate Profile
企業概要

「感動と幸せ」を創造し続けること─。
きめ細やかに想いを共有できる
当社の企業規模は大きなメリットです。

企業理念と5つの誓い

DAIGOROとの出逢いのきっかけは「娯楽」であっても、その出逢いを大切にして「感動と幸せ」を提供していきたい。
それが新星レジャー開発株式会社の想いです。

企業理念

新星レジャー開発株式会社は、娯楽を通じ出逢う全ての人々に感動と幸せを提供する企業グループを目指します。

DAIGORO 新星レジャー開発株式会社「5つの誓い」

新星レジャー開発「五つの誓い」は、理念として掲げる「感動と幸せの提供」を実現していくための行動指針です。

1私達は、いつも明るく元気な笑顔で喜びを提供します。
2私達は、常にチャレンジ精神を持って前向きに行動します。
3私達は、自己の目標、夢実現の為、全力で前進します。
4私達は、常にお客様満足度NO.1企業を目指します。
5私達は、仕事を通じ社会や地域に密着し共に繁栄します。

Top Message
メッセージ

これまで以上につながりを大切にしていくこと。
そして、より強固な経営基盤の確立を目指しています。

代表取締役社長 李 成八

代表取締役社長 李 成 八

経営理念を出発点に、お客様やお取引先、そして従業員やそのご家族とともに、豊かな未来を築いていくための基盤を強めていくことが、私に与えられた使命です。

そのために何を成していくべきか。私は常に「感謝の気持ち」を「ありがとう」という言葉として表すことが最も大切であると考えています。「ありがとう」の先に見えてくるのは、人と人としてのつながり、思いやりや優しさといった、本来私たちが最も「幸せ」を感じられる瞬間であるはずだからです。

こうした考えに基づき、今最も力を入れていることが「人材育成」です。自ら目標を持ち、目標を共有しあい、自ら行動できる人材を育てていくこと。遠回りのように思えますが、私は、幸せを実現していくための経営基盤強化にとって人材育成は、非常に重要かつ欠かせない要素であると認識しています。

当社は、企業規模においては決して大きなものではありません。また、店舗数拡大など、規模の拡大も得意とはしていません。その代わり、お客様と店舗が一心同体となっていくかのように、お客様から「自分の店のように可愛がっていただけること」が多いように感じております。

着実に深く。お客様をはじめ、地域とのつながりを強く意識しながら、これからもさまざまな取り組みを続けていきたいと考えております。

■企業概要

事業内容 北海道におけるアミューズメント施設の経営
所在地 064-0801 札幌市中央区南1条西24丁目1-30
TEL 011-215-8825
設立 1991年8月
資本金 1,000万円
従業員 141名
売上高 164億円(2015年3月)
事業所 ■北海道内 8店舗
DAIGORO Z 厚別店 (札幌市厚別区厚別東4-8-18-3)
DAIGORO Z 手稲店(札幌市手稲区富丘2-6-4-8)
パーラーDAIGORO Z (北見市栄町4-11-1)
パーラーDAIGORO X (北見市柏陽町27-1)
パーラーDAIGORO A (網走郡美幌町字大通南1-15)
パーラーDAIGORO V (紋別郡遠軽町南町4-1-1)
パーラーDAIGORO K (根室市宝林町4-358)
DAIGORO Z 共和店(岩内郡共和町老古美15-1)
関連会社 (株)Dプラス
飾らない想いで未来を描く。

■沿革

1991年 8月 新星レジャー開発(株) 設立
1991年12月 新星2(根室市)オープン
2001年 6月 高田屋大五郎 美幌店 オープン
2003年12月 パーラー大五郎 Z (北見市)オープン
2004年12月 新星2をパーラー大五郎 K にリニューアル
2005年11月 高田屋大五郎 美幌店をパーラー大五郎 A にリニューアル
2007年12月 パーラー大五郎 X (北見市)オープン
2009年 6月 札幌本部事務所(札幌市白石区)開設
2009年12月 パーラー大五郎 V (遠軽町)オープン
2011年 4月 DAIGORO Z 厚別店(札幌市厚別区)オープン
2014年 1月 札幌本部事務所 移転(札幌市中央区)
2014年 8月 DAIGORO Z 共和店(共和町)オープン
2014年12月 DAIGORO Z 手稲店(札幌市手稲区)オープン